エステのフェイシャルで使われるラジオ波

エステサロンには、様々な施術メニューがあります。
女性の場合、フェイシャルは美白やリフトアップ、ボディは痩身が人気メニューとなっています。
最近、とても人気が高いメニューが、ラジオ波を使った施術メニューです。
ラジオ波は、高周波のことで、電磁波のひとつです。
ラジオ波は、体に照射しますが、照射すると熱を発生させるため、体の体温が上がっていきます。
体の奥から体温が上昇するため、血液の流れが促され、リンパの流れも良くなります。
そして、新陳代謝が活発になるので、むくみやシミなどの女性に多い悩みが解消されていくのです。
肌の奥には、真皮という部分があります。
真皮には、肌の弾力を支えているコラーゲンがありますが、加齢などによってコラーゲンが減ったり変性したりすると、皮膚にたるみが出てきます。
その状態で皮膚にラジオ波をあてると、高周波が真皮まで届き、コラーゲンが増えます。
そして、コラーゲンの減少によってたるんだ肌が改善されていくのです。
また、体にとって不要な老廃物も排出されるので、肌のデトックス作用も期待することができます。
リンパの流れが良くなると、むくみが取れるため、顔がすっきりします。
ただ、コラーゲンの生成には時間がかかるため、ラジオ波を使った施術は、焦らないことが大切です。
美容機器の周波数によって、どのくらいの効果が出るかが異なります。
エステサロンで使われている美容用の機器は、医療機関で使われている周波数よりも低いので、安全だと言われています。
ラジオ波エステ徹底比較ランキング│美顔効果から危険性まで大調査!はこちら

保湿力の高いおすすめの乾燥肌化粧水とは?
ロスミンローヤルとプラセンタサプリのどちらを選ぶ?